都民を支える東京都民銀行

東京都民銀行の利用できる店舗とATM

東京都民銀行は、都民を支える地方銀行として東京都港区六本木に本店を構えており、その基盤となる東京都を中心として75ヶ所に有人店舗と出張所を設けています。その数の内訳は東京都内に70ヶ所、埼玉県と神奈川県にそれぞれ2ヶ所、そして千葉県に1ヶ所の店舗または出張所が存在しています。

店舗や出張所とは別に、住宅ローンに関する相談や受付を専門とする住宅ローン専門店というものもあり、東京都内に5ヶ所設け、専門的なアドバイス等を行っています。また、ビジネスに関わるローンの相談等を受け付けるスモールビジネスローン取扱窓口というものも東京都内に2ヶ所存在しており、それぞれ東京都民銀行の渋谷支店と日本橋支店の入っているビルの上階に設置されています。目的に合わせて、店舗や窓口等を利用できるようになっています。

そして、東京都民銀行のサービス等を利用することのできるATMとしては、東京都民銀行自身が各所に設置するATMの他に、ATMの相互利用提携を結んでいる常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、横浜銀行、山梨中央銀行のATMが挙げられます。これらの金融機関においては手数料の面でも優遇される面があるため、非常に便利に利用することができるものと言えます。

また東日本銀行や八千代銀行、東邦銀行のATMや、JR東日本の駅のATM「ビューアルッテ」、ゆうちょ銀行のATMにおいても東京都民銀行のサービスを利用することができます。東京都民銀行のサービスは、全国に広がるコンビニエンスストア内に設置されているいわゆるコンビニATMにおいても利用することができます。

その種類としては、イオン銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMが挙げられ、全国どの場所においてもさまざまな場所で東京都民銀行のサービス等を利用することができると言えますので、利用するにあたって不便を感じることはなさそうです。

このように、都民を支える東京都民銀行の店舗、そしてATMは日常のさまざまな場所で利用することができ、大変便利です。

CONTENTS

東京都民銀行が提供する金利

東京都民銀行の中小企業へのサポート

東京都民銀行の個人へのサポート

東京都民銀行の成り立ち

東京都民銀行の各種手数料

東京都民銀行をお得に利用する

東京都民銀行の利用できる店舗とATM